どうしてオーガニックコットンなのか?

肌に優しくナチュラルな素材の代表でもあるコットン。実は、農作物の中でも農薬の使用量が特に多い農産物です。農場では効率化を求めて、除草剤、防虫剤、収穫の際には枯葉剤をまき、成長剤で大きくした綿花を収穫していきます。枯葉剤の使用後は輪作をするので、砂漠化が広がっています。インドなどでは素手で農薬を散布する農家の人々の手、肺や目をはじめ全身に重篤な健康被害をもたらしています。それは、農場で働く子どもたちや動物たちも例外ではありません。さらに綿花は油分をもち、雨から種を守っています。そのためコットンの油分を化学薬品で脱脂し、薬剤や加工を施し糸に整えていきます。このたくさんの化学的な工程を経て私たちの元へ届く通常のコットン製品は様々なところへ負荷がかかっています。

これに対し、オーガニックコットンは自然の仕組みを生かして作られています。季節や緯度に合わせて落葉を待ち、綿花の収穫をして、人体や大地に負荷をかけない、農薬や化学薬品を使わない、どの生産過程においても人々が正当に働ける環境を持続していく、というサステナビリティのヴィジョンに基づいて作られています。肥沃な大地で自然の太陽をたっぷり浴びて育ったコットンボールを、脱脂をせず糸にし、引っかかりやすいふわふわの糸の特性を活かして丁寧に織る。おのずと生産量は減りますがオーガニックコットンの風合いを大切にしています。枯れ葉剤を使用しないため、手作業で取りきれない混入物が生地に黒いポツポツとなって現れることも。同じ生地でもコットンの収穫時期によって色が変わることもあります。これこそが自然の証。手間ひまをかけた豊かなオーガニックコットンには、生命力が満ち溢れています。

ナナデェコールは疲れをリセットしエネルギーをチャージする大切な眠りの時間に身につけるものとしてオーガニックコットンをおすすめしています。特にオーガニックコットンの中でも、やわらかく、肌触りの良い素材を厳選しています。そして、オーガニックコットンを選ぶことで、豊かな地球を守り、サステナブルな価値観を広げていきたいと考えています。この、一人ひとりができる小さくて大きなアクションが広がっていくことを願っています。

 

ナナデェコールのものづくりの指針

  1. オーガニックコットンを基本としています
  2. 土に還る素材を使用しています(ブラジャーのホックなど付属品に例外あり)
  3. ウエア内側の仕様や、タグを外側につけるなど、肌当たりを考慮し縫製しています
  4.  

  5. クルーエルティ・フリー(※1)で作られています
  6. 日本国内で縫製、生産しています
  7. 全国の伝統的な技術や産地を生かし国内老舗工場とのものづくりをさせて頂いています
  8. 独自技術継承のため特別なアイテムは海外へお願いしています。(イタリア提携工場のニット)
  9. 授産施設(※2)やサポートスタッフ(※3)での手作業を大切にしています
  10. オーガニックコットン製品の残布を回収し商品へアップサイクルしています

※1 クルーエルティ・フリー:動物実験・試験をはじめ動物に残酷な行為をしないこと
※2 授産施設:障害者支援施設
※3 自宅で内職作業をしたい方=サポートスタッフの雇用をしています。

 

nanadecor のソーシャル活動

作り手にも、使い手にも、みんなに優しいブランドでありたい、と願うnanadecorでは、女性の雇用支援を始め様々な社会活動を行っています。

サポートスタッフ
nanadecorではアイマスクなど手仕事のアイテムを、お家で仕事をしたいという、縫製や作ることが好きな女性のスタッフが作っています。年齢問わず、少しでもnanadecorを通して社会との関わりを続けて頂きたい思いも込めて、商品の製作をお願いしております。

授産施設
端切れを使ったミニバッグや、ランジェリーケースなど、シンプルな縫製アイテムを授産施設で製作しています。

コノコットン
「コノコットン。」売上1セット1000円、残布を東日本大震災支援の<ウィズアス・プロジェクト>へ寄付しています。(残布製品売上による寄付総額 20,198,048円 2012年6月〜2020年5月3日現在)

こどもテーブル
nanadecor KITCHENでは渋谷区と提携し毎月「こどもテーブル」を開催しています。オーガニックのお食事のほか、味噌作りなど親子で学べるワークショップを同時に開催しています。

Re-think Food Project
nanadecor KITCHENでは青山の国連大学にて毎週開催されているFarmer’s Marketの農家さんのロスを減らす活動に賛同。残り野菜を買い取るプロジェクトをサポートしています