3年以上農薬や化学合成の肥料、殺虫剤、除草剤等を使用せず自然のサイクルに従って栽培収穫された綿花のことです。自然の循環システムを守り、化学物質による自然環境への負荷をできる限り軽くするため、オーガニックを暮らしに取り入れることが世界中で拡大しています。nanadecorで使用しているオーガニックコットンはオーガニック原料を第3者の認証機関によってきちんと証明されたオーガニックコットンです。
オーガニックには以下のような基準が定められています。

  • 3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
  • 化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
  • 遺伝子組み換え原材料は使用しない
  • 放射線照射はしない
  • 合成添加物の使用制限

など

通常のコットンと オーガニックコットンの違い

通常の綿とは栽培過程に大きな違いがあります。世界で使用されている農薬の中で、コットンは農薬や化学薬品の使用が多い農産物です。通常の綿の栽培は、土壌のカビや細菌を殺菌し、化学肥料を使い人工的に土壌を作り、殺虫剤や除草剤を散布します。収穫時期には枯れ葉剤を使用し、農民の健康被害が深刻化しています。製造加工中にも、化学合成糊や苛性ソーダ、硫酸、塩素系漂白剤、防縮剤等を大量に使用します。農薬や化学肥料は土壌の力を劣化させ、環境破壊や生産者や近隣の住民の健康被害につながっています。

Cotton flower

オーガニックコットンは豊富なバクテリアが農薬不要の健康な土壌を作り、害虫の天敵であるてんと虫や蜘蛛、唐辛子やにんにく、コーン、マローといった虫が嫌う直物の力などで防ぎます。枯れ葉剤を使用せず自然の摂理に基づき収穫します。生分解されやすい澱粉糊や天然のワックス・植物性洗剤等を主体に高熱高圧処理・高温湯水洗浄を行う等それぞれの生産過程においても環境や人体への負荷を極力抑える努力をしています。オーガニックコットンの使用量が増えれば、農家の人々や周りの地域の人々の健康や生活改善を助けることができます。

オーガニックコットンの特徴

生地のポツポツとした斑点

オーガニックコットンは生地にポツポツとした斑点が残っているものがあります。これは糸にする段階で取り除ききれなった綿花の葉や茎の残りで、洗濯を繰り返すうちに減っていきます。また赤や青の繊維品の混入は、主に綿を手摘みする際に使う収穫用の袋の繊維片で、手摘みのオーガニックコットン特有の風合いともいえます。

オーガニックコットンの油分

油 分

綿花は種を雨から守るため、コットンボールには油分があります。通常のコットンは苛性ソーダで脱脂を行い、仕上げに柔軟剤等を使用します。オーガニックコットンは化学洗浄を行わないので多少の綿実油が残っています。吸水性が良くないと感じる場合もありますが、洗濯を繰り返すうちに本来の吸水性とやわらかな肌触りが増していきます。

お手入れ

洗濯機でネットに入れて、天然成分の洗剤の使用をおすすめします。オーガニックコットンは多くの空気を含み非常にソフトな繊維ですので、柔軟剤は必要ありません。通常のコットンとは異なり、薬剤を使用した防縮加工を施していないため、若干の縮みがあります。長時間日光に当たると変色することもございます。洗濯を繰り返すうちに表情や色合いが変化していくこともお楽しみ下さい。
洗濯物を白く洗い上げるために、洗剤の多くは化学合成物質で作られています。皮膚 アレルギーや発ガン性物質の疑いのある蛍光剤、塩素の残留が懸念される漂白剤などがその代表です。それらが洗濯後も洋服に残留し皮膚に影響を与える場合があります。

nanadecorオリジナル洗剤

nanadecorのオーガニックコットン

認証について

様々な会社の生地を商品によって使い分けているため、原綿での認証、生地までの認証、商品までの認証と商品によってさまざまの認証段階、認証団体となっています。最低でも原綿の時点での第3者機関での認証が受けられる生地を主に使用しています。
<オーガニックコットン基準・認証認定関連機関>

  • GOTS(グローバルオーガニックテキスタイルスタンダード)
  • Control Union(コントロールユニオン)
  • OCS(オーガニックコンテントスタンダード)
  • NOC(日本オーガニックコットン流通機構)

原産国

原綿の原産国は特に国の指定はなく使用しております。nanadecorで使用している生地ではインド、トルコなどが多くなっております。オーガニックコットンは人為的にコントロールすることなく、自然の摂理に伴って栽培されているため、収穫場所や時期によって綿そのものの色みが違ってまいります。染色・漂白されていない素材は、オーガニックコットンそのものの色味の違いをお楽しみください。